婚約指輪流行は

婚約の証として指輪を渡す習慣から生まれた婚約指輪ですが、指輪以外のものを送るケースもあります。やはり身に着けられるものに人気があり、ペンダントやイヤリングが多いようです。また、婚約指輪のお返しを送る場合もあり、その場合は男性が普段身に着けられるものとして腕時計に人気があります。

しかしながら、婚約の品を渡す男性の90%以上が指輪を選びます。人気があるのは立て爪タイプのダイヤモンドの婚約指輪で、最も多い形であり昔からの定番になります。人気のデザインは、サイドストーンリングと言われセンターにある石の両隣に小さな石をアクセントに置くタイプ。エタニティーリングと言われるリング全体に小さめの石があしらわれたタイプ。ウェーブリングと言われるリングが曲線を描いているタイプなどです。デザイン以外ではやはりブランドのものが好まれ、特に女性が憧れる貴金属ブランドものに人気が集中しています。

人気のデザインやブランドはやはり高価なので、少しでも安く購入できればと思うのが当たり前です。今は、ネットで購入すれば安いものを探すのも簡単ですが、さすがに婚約指輪を1度も見ないで買うのは気が引けます。良い方法としては、安くなる時期を狙って購入すれば安心です。貴金属店は2月、8月に決算を行うところが多く、その時期は割引販売をすることがあるのでチャンスです。他には、安く手に入れた人に聞くのも良いかもしれません。

婚約指輪は一生に一度のものです。自分が気に入ることはもちろんですが、相手が喜んでくれるもの選びましょう。そのための努力は、なるべく惜しまないようにすることが大切です。